人生において植物を育てるつもりで育てた!というのはサボテンとポトスくらいしかなかった自分ですが、開店時に頂いた多くの植物達が我々やお店と一緒に成長しております。しかももの凄くです(笑)

いざ観葉植物を真剣に育てようとすると、分からないことだらけの世界!!

お客様やいろいろな人にアドバイスをいただいたり、ネットで調べたりしながら1つの観葉植物を枯らすことなくここまで来れております♪

 

その植物達の成長記録を少しお披露目です。

初期の頃の写真に偶然写っているものは比較できるのですが、そうでないものは最近の姿しかお披露目できないことをお許し下さい(>□<)

まずは空気清浄機こと「ねむの木」

2年ちょっとの間の記録になります。

 

【2013年7月頃】

真ん中の緑の葉っぱの集合体がねむの木です。

オジギ草とねむの木の葉がそっくりなために葉を触れてみるお客様が多かった時期です(*´∀`*)

触れても閉じないねむの木なので、触れてガッカリするお客様が後を絶たず・・・

ねむの木は夜になると閉じます。朝になると開き始めます。\_(*・ω・)

ねむの木初期

 

【2014年7月頃】

一番奥の窓際にあるのが1年後のねむの木です。

1年の時間で随分と背が高くなりました。葉の数も増え鉢が窮屈そうなほど。

たしか、この撮影の後あたりにねむの木初の植え替え(鉢のサイズUP)をおこないました。

店花1_R

 

【2015年4月】

更にほぼ1年後。背がますます高くなり棚の上だと出窓の天井に頭をぶつけてしまうため、棚から下ろしている状態です。

1年前に変えた鉢がすでに狭そう・・・ということで、撮影後日に植え替え。

DSC_0058

 

【2015年6月】

上の写真から2ヵ月後

この2ヶ月間に「ねむの木大事件」が発生。

植え替え直後からねむの木がすね気味に・・・

今までなら朝から葉を広げ全開になっていたのですが、植え替え後、昼過ぎ頃にようやく葉が開き夕方には閉じてしまう。

葉は垂れ下がっていて気力が感じられない。ねむの木さん、まさかの5月病??

植え替え時に出ていた新芽もその日を境に成長がストップ!

根付くまではいろいろとと思い、2週間ほど水あげをしながら様子を見ていたのですが・・・回復の兆しがなく、植え替え失敗で枯らしてしまうかもっ!と不安になり、お客様の植物先生がご来店時にご相談。

「植え替え直後の子には日差しが強すぎて、暑過ぎなんじゃない?」

とのお言葉を頂き、すぐさまお店の玄関脇へ。

数日後からビックリするほどのスピードで急成長開始!

いたる場所から新芽が芽吹き、過去にない勢いで巨大化(笑)

鉢のサイズUPの影響もあったと思いますが、この場所を気に入ってくれたみたいです。

DSC_0147

現在、エレベータを降りると目の前にねむの木がででぇ~んとお出迎えしてくれます。

 

 

 2年間でこの成長です。 

ねむの木初期  DSC_0147

 

言葉を発しない植物ですが、このねむの木の自己主張は割りと分かりやすいので助かります。

喉(根)が渇いて水が欲しい時には、あからさまに葉にやる気がありません。葉の開きが悪く、だら~んと葉全体が枝から垂れ下がります。

水をあげると翌日の葉の開き具合と持ち上がり具合が露骨に元気です(笑)