こんにちは、清水です。

数年前から違和感があった左手中指第1関節ですが、昨年の夏頃からちょいちょい痛みなどの症状が出始めました。

施術するにあたっては、ほとんど影響がないので安心してくださいね(*´Д`)

痛みが発生しやすいのは、寝るときに掛布団を引っ張り上げる時や、少し柔らかい物(タオルなど)を握りこんだり摘み上げたりする時などです。

中指の第一関節が少し赤みを帯びながら変形&腫れ気味になってきました。

そのような状況をいろいろ調べてみたところ、似ている症状として出てきたのがへバーデン結節でした。

へバーデン結節は「指の変形性関節症」とのことで、治療法としては変形の進行が止まるまで保存療法やテーピングなどによる負荷軽減などがありました。

変形しきって進行が止まれば痛みはなくなるようですが、指の形が少し変わってしまうそうです。

 

んー、なかなか・・・のようですね・・・

ちなみに自分の状態はへバーデン結節なのかどうかは不明です。まだ病院で診てもらってませんので・・・

自分で調べ一番近い状態なのがへバーデン結節かなぁという程度です。

そこで、病院にかかる前に自分でなんとかできないか実験をしてみよう!

と思いつきまして、いろいろ考えてみました。

まず、左手中指を握るように曲げたり伸ばしたりする時に動く主要な筋肉や関連している筋肉をリストアップ。

・深指屈筋(腱)(第一関節を曲げる筋肉)前腕

・浅指屈筋(腱)(第二関節を曲げる筋肉)前腕

・虫様筋(指の付け根を曲げる)手掌

・(総)指伸筋(指を伸ばす)前腕

・背側骨間筋(指をパーのように広げる)

とりあえず、この5種類の筋肉(腱)を選びました。

次にこの筋肉たちを含め腕全体から肩や脇付近までを末端からほぐしていってみるとどうなるかを観察していく。

指(深指屈筋腱 第1関節と浅指屈筋腱 第2関節)⇒手掌部(背側骨間筋と虫様筋)⇒前腕部(深・浅指屈筋と総指伸筋)⇒上腕部⇒肩、腋下

  

(参考:ボディナビゲーション)

ざっくりですが、この流れで進めてみよう♪

実際にどのようになったのかを今後随時報告していきたいと思いますヾ(´^ω^)ノ♪