こんばんは、清水です。

最近、目がかゆい!

くしゃみも連発!!

これ、なんなんでしょうね・・・・

 

今の状態は鼻よりも目が素晴らしくキツイですね。

目薬さしたり、涙流したりでてんやわんやです(>□<)

 

といえば、皆さんもご存知のとおり

原料は血液。9割は水分で弱アルカリ性の液体です。

通常は涙腺から目の表面をたどり、涙点に入りその後もろもろを経過し

鼻、喉から吸収されます。この涙の分泌量が減ったり乾きやすくなったりすると

「ドライアイ」と呼ばれる状態になってしまいます!

分泌量の減少には眼精疲労精神的不安定な状態が原因のときもあります。

 

涙って目の潤いや栄養補給、殺菌からの防衛って役割以外に

嬉しかったり、悲しかったり、痛かったり、大笑いしたりって時にも

流れますよね。

実は、いまだに涙と感情の関係について明らかになっていないそうです。

ただし、いくつかのデータはあるようで

喜び・悲しみによる涙は「副交感神経」

悔しさ・怒りによる涙は「交感神経」が働いています。

そして、ビックリすることにこの感情によって流れる涙の成分には

様々なストレス要因となる物質が含まれているそうです。

つまり!

涙を流すことにより、ストレスを老廃物として体外へ排出しているのです。

 

「スッキリした!」「心が軽くなった!」「ピカピカ晴れ!」

みたいな気持ちになれるのは、涙によってストレス(心)のデトックス

ができたからなのです。

 

 

てことは、、、花粉症による涙は心のデトックスにならないって事!?(゜ε゜;)

ですよねぇ~

大事なのは感情によって流れる涙がデトックス!

花粉症による涙は目の潤いや防御です!

 

男性は涙を流すことがカッコ悪いと認識していやすいので

人前で泣くのが恥ずかしい場合は、一人でひっそりと感動映画などいかがでしょう?

 

涙をこらえて泣かないようにしていると

からだや脳が泣かないことに慣れ、泣けなくなってしまうようです。

ある意味、感情で泣けないのは心のデトックスされにくいということに

なってしまいますので、皆さん

感情の涙は堪えずに流していきましょう!

そのほうが心も体も健康でいられますよヽ(´3`)ノ