7月半ばになり集中豪雨などで多大な被害がでており被害に遭われた皆様には心よりお見舞い舞申し上げます。復興作業も酷暑という過酷な中となりますが一日も早い復興を願っております。

 

 

さて、日本各地で猛暑日が続いており、ついにエアコンなどを使い始めた方も多いかと思います。でもそのせいか体がだるいなという方もいらっしゃるかと思います。もしかすると冷風を浴びてしまっているかもしれませんね。部屋の冷やしすぎは自律神経の乱れを誘発しやすいので注意が必要です。

そこで、今回は上手なエアコンと扇風機の使い方についてお伝えしようかと思います。併用すると良いというのは昨今よく聞く話ですが具体的にどう使ったらいいか知ってますか?

そもそも冷たい空気は部屋の下側に留まりやすい性質があります。(湯舟に張ったお湯と一緒ですね。表面は熱いのに下の方はちょっとぬるいみたいな♪)それを上側にも対流させて部屋全体を冷やすのが快適なお部屋にするポイントです。その際のエアコンの設定方法ですが風向きは平行にします。つい風を受けたくて下向きにしがちですが先に述べたように冷たい空気は下に向かうので下に留まるのを助長してしまうことになるのでおすすめできません。次に風量ですがこれはエアコンにまかせてしまいましょう。つまり風量自動です。自動だとずっと強いんだけどという方もいるかもしれません。それはエアコン本体の温度センサーが部屋の上側の温度を認識してしまい温度が落ちてないと判断してしまっているだけどと思われるので空気を循環させられれば解決するか思います。設定温度は27℃前後がおすすめです。

続いて扇風機です。扇風機は本来、風を体に浴びて涼をとるものですがエアコン併用時にこれをしてしまうと冷風を浴びることになり体を壊しますのでおすすめできません。そこでここでの使い方は空気の対流を作るためのサーキュレーター的な使い方をします。まず置く位置ですがエアコンの対面に置きます。そしてエアコンに向けて風量弱。首振りはせず出来るだけ上に向けますこれで完成です。併用することでお部屋全体をまんべんなく冷やことができるので無駄なエアコンの頑張りを抑制でき、温度設定も低めずに済むので節電にもつながりますよ。

是非一度試していただけたらと思います。